Sunday, April 30, 2017

title pic ダイエットと睡眠

Posted by petsounds on 2015年1月22日

ダイエットというと、食事の量をほどほどに減らしつつ運動を行うというものが、王道になっています。実際に、この方法で少しずつ痩せていくのが、リバウンドも少なくて良いといわれていますが、もうひとつ気をつけたいことがあります。

何かというと、それは睡眠です。
眠っているときには成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンが増えると、血糖値の低下やそれに伴うインスリンの作用の減少、加えて脂肪細胞の減少などが認められるそうです。
つまり、深く眠って成長ホルモンが多く分泌されるようにすると、痩せやすくなってダイエットに良いということです。

また、睡眠不足に陥っていると、食欲を我慢しにくくなるともいいます。特に夜食を食べてしまいがちになるのだそうです。
誰しも、夜になって覚醒レベルが低下すると、脳が自身をエネルギー不足にあると判断するため、空腹を感じます。
このとき、睡眠が十分にとれていると空腹を我慢できますが、睡眠不足の状態であれば実際にエネルギーが足りていないので、空腹を我慢するのが難しくなるとのことです。

以上から、ダイエットのときには、食事量ダウンや運動量アップとともに、深く眠ることも心がけたいものですね。

top